グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



眞部 孝幸(まなべ たかゆき)

ホーム  > 教員情報  > 看護学部  > 眞部 孝幸(まなべ たかゆき)

Manabe Takayuki

[所属]
看護学部看護学科

[職名]
学部長補佐・教授
メディアセンター センター長


学位医学博士(大阪大学)
(大阪大学大学院 招へい教授)
(藤田保健衛生大学 客員教授)
所属学会・役職 日本神経化学会(評議員)
日本薬理学会(学術評議員)
日本解剖学会
専門分野神経解剖学、神経薬理学、RNA制御学
研究テーマ 精神疾患とRNA制御
担当科目形態機能学I/形態機能学II/臨床薬理学/疾病治療概論/発生遺伝学/疾病治療学I(分担)
卒業研究/統合ゼミナール
座右の銘泣いて馬謖を切る

主な業績

著書(執筆・翻訳など)

  • アルツハイマー病におけるPS2V研究の新展開. 脳21, 19, 102-105. 2016.
  • 統合失調症における選択的スプライシング制御の異常. 医学のあゆみ 238(5), 491-497. 2011.
  • スプライシング異常から解析する統合失調症. 臨床検査 55(9), 2011.
  • Regulation and/or repression of cholinergic differentiation of murine embryonic stem cells using RNAi directed against transcription factor L3/Lhx8. Methods in Molecular Biology (Clifton, N.J.) 650, 101-109. 2010.
  • Oncogenic HMGA1a protein causes sporadic Alzheimer's disease-associated aberrant splicing. 蛋白質・核酸・酵素 54, 2245-2250, 2009.

学術論文

  • Trans-mesenteric neural crest cells are the principal source for the colonic enteric nervous system. Nature Neuroscience 15(9), 1211-1218. 2012.
  • L3/Lhx8 is a pivotal factor for cholinergic differentiation of murine embryonic stem cells. Cell Death Differ. 14(6), 1080-1085, 2007.
  • Involvement of caspase-4 in endoplasmic reticulum stress-induced apoptosis and Abeta-induced cell death. J. Cell Biol. 165(3), 347-356, 2004.
  • Induced HMGA1a expression causes aberrant splicing of Presenilin-2 pre-mRNA in sporadic Alzheimer's disease. Cell Death Differ. 10, 698-708. 2003.
  • Increased production of beta-amyloid and vulnerability to endoplasmic reticulum stress by an aberrant spliced form of presenilin 2. J. Biol. Chem. 276(3), 2108-2114. 2001.

講演、学会発表

  • RNA制御学からみる高次脳機能~核酸医薬はどこまで神経難病に迫れるか~. 第15回中京学院大学看護学部公開講座(岐阜). 2017年12月.
  • Altered patterns and levels of expression of splice variants of the splicing factor, hnRNPA1, in disrupted neurohomeostasis. 第137回日本薬学会年会. シンポジウム. 2017年3月(仙台).
  • スプライシング異常から解析する精神疾患-ヒトhnRNPA1 の新規isoform とその機能-. 金沢大学と北陸先端科学技術大学院大学 RNA 研究公開合同セミナー 特別講演(金沢). 2015年12月
  • 精神疾患と異常スプライシング-hnRNPA1の役割について-. 第16回日本RNA学会 招待講演(名古屋). 2014年7月.
  • エストロゲン受容体の新規スプライシング異常~女性のうつ病克服を目指して~. 神澤医学研究振興財団 第16回講演会(東京). 2014年5月.

その他業績

  • 参照:http://researchmap.jp/manabe/

教員情報