グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学科長あいさつ

ホーム  > 学部・学科紹介  > 短期大学部  > 保育科  > 学科長あいさつ

保育科 学科長 横井 喜彦からのメッセージです。


短期大学部保育科では、「人」・「健康」・「自然」に優しい保育者を育てることを基本コンセプトに掲げています。

「人」に優しくとは……小さな声も受けとめたり、その思いをつなげて大きな表現をつくりだすなど、「人(子ども)との関わり」の大切さ・方法を、また自分の思いを「表現する」こと喜びや方法をなどを経験し、子どもたちに伝え合うための学びを大切にしています。
「健康」に優しいとは……子どもの心とからだを育てるための保育のありかた・保育内容や方法を学ぶことや、子どもの思いや気持ちを探り寄り添うためにも、心理学の知識や見地に基づいた学びを深めていきます。
「自然」に優しくとは……身近にある自然を利用して遊びや活動などを新たに創り出すちからや、地域文化に親しみを持って触れる経験などを通して、この地域ならではの保育のあり方について考え合い、学びを続けていきます。

未来の子どもたちにとっても、支援が求められている方々に関わるためにも、本学は建学の精神である「学術とスポーツの真剣味の殿堂たれ」に基づき、高度な保育の専門性を身につけるための学修を進めていきます。