グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ご利用案内


開館時間や貸出・返却方法などご利用に関するご案内です。


図書の貸出について

貸出の際は、カウンターに学生証・職員証を提示して下さい。

貸出期間

図書資料の館外への貸出可能期間は以下のようになっています。この期間内に必ず返却して下さい。
利用者区分貸出冊数期間
本学の専任教職員・名誉教授・非常勤教職員20冊以内30日以内
大学所属以外の教職員10冊以内30日以内
本学の学部学生・科目等履修生・聴講生・別科生5冊以内(長期休暇中は10冊以内)14日以内(下記休暇中は休暇終了日まで)
学外利用者5冊以内7日以内

一般の方のご利用

本センターでは、事前にお申し込み頂ければ、一般の方でも図書をご自由にご利用頂けます。
お気軽にお問合せ下さい。

貸出期間の延長

貸出期間中に、貸出期間の延長が可能です。延長を希望する図書をカウンターに持参して、延長を
希望する旨をスタッフに伝えて下さい。
※ただし、貸出予約が入っている場合は予約が優先されますので、延長はできません。

雑誌の閲覧

雑誌は貸出を行っていません。館内でのみ閲覧可能です。

視聴覚資料の貸出

視聴覚資料は館内所定の場所でのみ閲覧可能です。利用する場合はスタッフにお問い合わせ下さい。

図書のセンター2Fへの持ち出し

本センター2Fで図書を閲覧したい場合は、カウンターに声をかけてから2Fに上がって下さい。

延滞した場合の処置

延滞した場合は、延滞日数に応じて貸出停止になります。必ず期限内に、返却または延長してください。

図書の紛失・汚損

貸出図書の紛失または、著しく汚損した場合は、弁償となります。紛失・汚損した場合は、必ずスタッフに申し出て下さい。

他人名義での貸出

本人以外の学生証での貸出は行わないで下さい。もし他人の名義で借りた図書を紛失・汚損した場合は、名義を貸した人の責任として弁償をしてもらいます。

開館日時

開館時間:9時00分~18時00分 (月曜日~金曜日)
休館日:土曜日、日曜日、祝日、夏季休暇、年末年始
※ただし、メディアセンター(瑞浪)長が特に必要と認めた場合は、臨時に変更をすることがあります。

利用についての注意事項

以下の事項は、必ず遵守して下さい。
メディアセンター内(1F図書室、2F雑誌閲覧室、2Fパソコン室)での携帯電話による通話・携帯機器の充電・飲食・喫煙・私語、居眠り等の迷惑行為は厳禁です。飲食物については持ち込みも禁止です。
なお、携帯電話の電源は切るかマナーモードにして入館してください。
メディアセンター内での迷惑行為が目に余る場合は、スタッフより退館を命ずることがあります。

コピー機の利用

メディアセンターのエントランスと2階雑誌閲覧室横にコイン式コピー機を合計2台導入しました。
料金:10円/枚、A3のみ20円/枚
このコピー機では、メディアセンター所蔵の資料に限り、著作権法の範囲内で複写することができますが、ノートなどの私物の複写は他の利用者の迷惑になりますので、行わないで下さい。
コピーをする際は、コピー機が混み合う場合もありますので、時間に余裕をもって来館して下さい。
※利用する際は、必ず小銭をご用意下さい。メディアセンターでは両替は行いません。

貸出予約

借りたい本や見たい映像資料等が貸出中だった場合は、貸出予約をすることが可能です。
貸出予約をすると、図書等が返却され次第、優先的に借りることができます。
貸出予約をしたい場合は、スタッフにお問い合わせ下さい。