グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ホーム  > 東濃deつながり隊のブログ  > 中山道往来(ウオーク)連携会議開催!

東濃deつながり隊のブログ

中山道往来(ウオーク)連携会議開催!

歩いて、見て、感じて、秋の中山道を楽しもう!(中山道往来学生参戦!)


皆さんこんにちは!暑い日が続いていますが夏バテなどしていませんか?熱中症等にも気を付けて元気にお過ごしください!私たち域学連携室一同は暑さに負けず、暑さを吹き飛ばす勢いでみんな元気に各所で動き回っていまーす。
さて今回は、11月5日に開催される中山道往来(ウオーク)に向けて、学生との連携会議が早くもスタートしたというレポートです。このイベントは平成22年度から中山道御嶽宿・細久手宿ウオーキング実行委員会が中心となって実施しているイベントです。我らが瑞浪市にある細久手宿と可児郡御嵩町にある御嶽宿間、全長11.8kmを歩くイベントで、毎年11月の第一土曜日に紅葉シーズンに合わせて開催され、昨年は約800名の方が参加されました。
今年度からこのイベントに中京学院大学の学生と中京高校の生徒が実行委員としてまたはボランティアとして協力することになりました。その第1回の中京学院大学との連携会議が8月10日17:00~瑞浪市役所4階会議室で開催されました。当日は瑞浪市商工課と御嵩町まちづくり課の方々にリードして頂きながら、短期大学部の学生3名が出席して積極的に意見を交わしていました。イベント当日私たちに何ができるのか?どうしたら多くの方に喜んでもらえるのか?新しいPR方法はないのか?コースの設定、出店など新しい取り組みをどうしたらよいのか?等々。残念ながら高校生は中京高校の甲子園大会と重なったため出席できませんでした。次回からは出席予定です。出席した学生たちのやる気、前向きな多くの提案、今からどんなイベントになるのか楽しみです!
もう秋に向けての準備は始まっているのですね!地域の益々の発展と、多くの人たちと関わりながら成長する学生たちの姿がイメージできる会でした。ではまた。はやリンでした。

イベントについての情報は以下のリンクをご参照ください