グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



梶田 悦子(かじた えつこ)

ホーム  > 教員情報  > 看護学部  > 梶田 悦子(かじた えつこ)

Kajita Etsuko

[所属]
看護学部看護学科

[職名]
学部長・教授


学位医学博士
名古屋大学名誉教授
所属学会・役職日本地域看護学会:査読委員
日本看護医療学会:査読委員(平成20-22年理事長)
日本健康学会:評議員
日本疫学会
日本公衆衛生学会 等
専門分野公衆衛生看護学
研究テーマ地域における骨折・骨粗鬆症予防に関する研究
座右の銘観推洞考(観察・推察・洞察・考察)

主な業績

著書(執筆・翻訳など)

  • 公衆衛生看護学.jp、インターメディカル、平成19年4月
  • 地域保健におけるエビデンスに基づく骨折・骨粗鬆症予防ガイドライン、日本公衆衛生協会、平成16年10月
  • 地域看護学.jp、インターメディカル、平成16年10月
  • 新温泉医学、日本温泉気候物理学会、平成16年5月
  • 高齢者看護学、転倒の予防と看護、中央法規、平成15年4月

学術論文

  • Combined results of three physical performance tests predict incident fracture independently of aBMD in community-dwelling elderly Japanese men: Fujiwara-kyo Osteoporosis Risk in Men (FORMEN) Cohort Study、Yuki Fujita, Masayuki Iki, Akiko Yura, Akihiro Harano, Katsuyasu Kouda, Junko Tamaki, Yuho Sato, Takahiro Tachiki, Etsuko Kajita, Rika Ishizuka, Jong-Seong Moon, Nozomi Okamoto, Norio Kurumatani, doi.org/10.1016/j.bone.2021.116240
  • Predictive ability of novel volumetric and geometric indices derived from dual-energy X-ray absorptiometric images of the proximal femur for hip fracture compared with conventional areal bone mineral density: the Japanese Population-based Osteoporosis (JPOS) Cohort Study, M. Iki, R. Winzenrieth, J. Tamaki, Y. Sato, N. Dongmei, E. Kajita, K. Kouda, A. Yura, T. Tachiki, K. Kamiya, S. Kagamimori, Osteoporosis International、2021、
    https://doi.org/10.1007/s00198-021-06013-2
  • Determinants of bone health in elderly Japanese men: study design and keyfindings of the Fujiwara-kyo Osteoporosis Risk in Men (FORMEN) cohort study, Y Fujita, J Tamaki, K Kouda, A Yura, Y Sato, T Tachiki, M Hamada, E Kajita, K Kamiya, K Kaji, K Tsuda, K Ohara, J-S Moon, J Kitagawa, M Iki and the FORMEN study group, . Environ Health Prev Med 26, 51 (2021). doi: 10.1186/s12199-021-00972-y
  • Circulating osteocalcin levels were not significantly associated with the risk of incident type 2 diabetes mellitus in elderly Japanese men: The Fujiwara-kyo Osteoporosis Risk in Men (FORMEN) Cohort Study, M Iki, A Yura, Y Fujita, K Kouda, J Tamaki, T Tachiki, E Kajita, H Iwaki, R Ishizuka, J-S Moon, N Okamoto, N Kurumatani, Bone, 2021 Mar 16;147:115912. doi: 10.1016/j.bone.2021.115912.
  • Associations between trunk-to-peripheral fat ratio and cardiometabolic risk factors in elderly Japanese men: baseline data from the Fujiwara-kyo Osteoporosis Risk in Men(FORMEN) study, K Kouda, Y Fujita, K Ohara, T Tachiki, J Tamaki, A Yura, J-S Moon, E Kajita, K Uenishi , M Iki, Environmental Health and Preventive Medicie 26, 35 (2021), doi: 10.1186/s12199-021-00959-9

講演、学会発表

  • 地域在住高齢男性における骨格筋量と認知機能との関連:FORMEN Studyの横断的検討,中間千香子、甲田勝康、 藤田裕規、森川将行、小原久未子、立木隆広、玉置淳子、由良晶子、文鐘聲、梶田悦子、伊木雅之, 第92回日本衛生学会学術総会(東京)、2021,11-21-23.
  • Do pregnant woman workers participate in childbirth class in Japan? Izumi Watai, Haruno Uchiyama, Etsuko Kajita 第10回日本公衆衛生看護学会学術集会、「国際学会」6th International Conference of Global Network of Public Health Nursing、2022.1(大阪).オンライン.
  • 二重X線吸収法画像からの大腿骨近位部3次元モデリングに基づく新規骨指標の大腿骨近位部骨折予測性能-JPOSコホート研究, 伊木雅之、Renaud Winzenrieth、玉置淳子、佐藤裕保、梶田悦子、甲田勝康、由良晶子、立木隆広、神谷訓康、鏡森定信, 第23回日本骨粗鬆症学会(東京), 2021.10.8-10.11, オンライン.
  • 血中アグリン分解産物と筋量および筋力との関連—Japanese Population-based Osteoporosis (JPOS)研究による縦断的検討、神谷訓康、立木隆広、佐藤裕保、甲田勝康、梶田悦子、玉置淳子、鏡森定信、伊木雅之、第22回骨粗鬆症性学会、2020.10、(神戸)
  • 地域在住高齢男性における貧血と脆弱性骨折との関連—藤原京スタディ男性骨粗鬆症コホート研究(FORMEN study)の5年追跡、貫井 裕次、玉置 淳子、藤田 裕規、甲田 勝康、立木 隆広、梶田 悦子、神谷 訓康、伊木 雅之、岡本 希、車谷 典男、第22回骨粗鬆症性学会(神戸)、2020.10.

その他業績

  • 中国内蒙古医科大学(旧、中国内蒙古医学院)名誉教授
  • 日本・中国内蒙古自治区国際共同研究, 1996年~2002年
  • 日本骨粗鬆症学会 第6回森井賞, 2011年11月05日 , 日本骨粗鬆症学会