グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



濵田 昌実(はまだ まさみ)

ホーム  > 教員情報  > 看護学部  > 濵田 昌実(はまだ まさみ)

Hamada Masami

[所属]
看護学部看護学科

[職名]
准教授


学位看護学博士(名古屋大学)
所属学会・役職日本腎不全看護学会 会員
日本腎臓リハビリテーション学会 会員
日本骨粗鬆症学会 会員
日本骨代謝学会 会員
日本疫学会 会員
日本公衆衛生学会 会員
日本医療看護学会 会員
日本公衆衛生看護学会 会員
専門分野公衆衛生看護
在宅看護
研究テーマ高齢女性における椎体骨折と動脈硬化の関連
保存期慢性腎臓病(CKD)患者の運動療法
限界集落における 社会基盤再構築のための地域包括ケアマネジメント手法の検討
担当科目 公衆衛生看護学展開論Ⅰ
公衆衛生活動展開論Ⅱ
公衆衛生看護学実習
卒業研究
看護学ゼミナール
座右の銘正直は一生の宝

主な業績

著書(執筆・翻訳など)

  • 今井圓裕, 濵田昌実 他(2012).優しい腎臓病の自己管理改定3版, 医療ジャーナル社,共著,
  • 濵田昌実(2018).透析看護に活かす海外文献: High prevalence of secondary factors for bone fragility in patients with a recent fracture independently of BMD. 透析ケア第 24 巻 7 号 ,74-75.
  • 濵田昌実(2019).透析看護に活かす海外文献: Updates in CKD-Associated Osteoporosis. 透析ケア 第 25 巻 7号,78-79.

学術論文

  • Hamada M, Yasuda Y, Kajita E(2013).An exercise program may improve cardiovascular risk factors without deterioration of renal function in patients with chronic kidney disease, Proceedings of 2013 Yonsei-Nagoya University Research Exercise Meeting in Health Science and Nursing, 5,56-7.
  • 濱田昌実,梶田悦子(2015). 24年追跡調査からみた地域在住女性高齢者の骨折既往と転倒恐怖感がQOLに与える影響,日本看護医療学会雑誌,17(2), 1-11.
  • Hamada M, Yasuda Y, Kato S, Arafuka H, Goto M, Hayashi M, Kajita E, Maruyama S (2016) . The effectiveness and safety of modest exercise in Japanese patients with chronic kidney disease: a single-armed interventional study, Clin Exp Nephrol,20(2),204-11
  • Iki M, Fujita Y, Kouda K, Yura A, Tachiki T, Tamaki J, Sato Y , Moone JS, Hamada M, Kajita E, Okamoto N, Kurumatani N (2019). Increased risk of osteoporotic fracture in community-dwelling elderly men 20 or more years after gastrectomy: The Fujiwara-kyo Osteoporosis Risk in Men (FORMEN) Cohort Study. Bone,250-259.
  • Hamada M, Kajita E, Tamaki J, Kouda K , Sato Y, Tachiki T , Yura A , Kamiya K , Nitta A , Kagamimori S , Iki M(2020). Decreased bone mineral density and osteoporotic fractures are associated with the development of echogenic plaques in the carotid arteries over a 10-year follow-up period: The Japanese Population-based Osteoporosis (JPOS) Cohort Study. Maturitas,131,40-47.

講演、学会発表

  • 濵田昌実,椿井朋,水谷友,小林佳菜子,安田宜成 ,加藤佐和子,鈴木進,梶田悦子,松尾清一,丸山 彰一(2015.6).保存期CKD患者の健康行動変容における多職種連携の介入効果. 第58回日本腎臓学会学術総会
  • 濵田昌実,梶田悦子,立木隆広,臼田寛,新田明美,新井清美,池原賢代,由良晶子,甲田勝康,玉置淳子,伊木雅之(2016.3).地域在住日本人女性における頸動脈内膜中膜複合体厚(IMT)肥厚とアルブミン尿は関連する-JPOS Cohort Studyの断面解析—,第6回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会, 2016年3月
  • 濱田 昌実, 高清水幸美, 米谷由紀美,梶原千尋,高橋美世,蒲浦光正(2018.5). 定期健康診断時を活用した全員面接による保健指導の開発と10年の試み,第91回日本産業衛生学会.
  • 濱田昌実, 神谷真有美,近藤洋子,梶田悦子(2020.1). 過疎化がすすむ混住地域におけるソーシャルキャピタル(SC)形成の現状と関連要因の検討. 第8回日本公衆衛生看護学会学術集会.
  • 濵田昌実(2020.2).保存期慢性腎臓病(CKD)患者における運動療法継続の効果.第10回日本腎臓リハビリテーション学会学術集ジョイントシンポジウム.

その他業績

  • H24年度 山梨慢性腎臓病研究会,講師,山梨県,2013年3月
  • H25年度 かわな透析懇話会,講師,愛知県,2013年7月
  • H29年度 第6回埼産業看護職交流研究会,講師,埼玉県,2018年2月
  • H30年度 第10回埼玉県衛生管理者交流研究会、講師、埼玉県、2018年7月
  • H29年~腎不全チーム医療協議会 情報協力者

教員情報