グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



古田 成志(ふるた せいし)

ホーム  > 教員情報  > 経営学部  > 古田 成志(ふるた せいし)

Furuta Seishi

[所属]
経営学部経営学科

[職名]
准教授


学位商学修士(早稲田大学)
所属学会・役職 日本経営学会
組織学会
経営戦略学会
Academy of Management
専門分野経営学、経営組織
研究テーマ 組織変革論(組織変革のプロセスに着目した研究)
担当科目経営組織論/組織行動論/経営学入門/専門テーマゼミⅠ・Ⅱ/専門卒業研究Ⅰ・Ⅱ/教養ゼミA・B
座右の銘人生は不安定な航海だ

学術論文

・「断続均衡モデルにおける急進的な組織変革プロセスの構築―日産自動車の事例から―」『中京学院大学研究紀要』第25巻pp. 1-18、2018年3月
・「Barnardの組織概念の習得を目的としたアクティブラーニング」『中京学院大学研究紀要』第25巻pp. 135-146、2018年3月
・「組織変革論における断続均衡モデルの意義と課題―組織変革メカニズムの枠組みを援用して―」『中京学院大学研究紀要』第23巻pp. 13-26、2016年3月
・「組織変革論におけるプロセス研究の変遷―1990年代までと2000年以降のプロセスモデルを比較して―」『早稲田大学大学院商学研究科紀要』第77号、pp. 15-31、2013年11月
・「組織変革メカニズムにおける研究の再整理―コンテクスト研究、プロセス研究、コンテント研究の観点から―」『早稲田大学大学院商学研究科紀要』第75号、pp. 13-31、2012年11月
・「組織内構成要素による組織変革―組織文化を起点としたモデルの提示―」『商経論集』第102号、pp. 1-13、2012年3月

講演、学会発表

・「組織変革論におけるマルチレベル分析の適用可能性」日本経営学会第89回大会(於 熊本学園大学)2015年9月
・"Exploring the Process of Punctuated Equilibrium Model: From the Case Study of NISSAN MOTOR Co., Ltd." IFSAM 2014 World Congress in Tokyo (at Meiji University) September, 2014
・「断続均衡モデルにおけるプロセスの探索―日産自動車の事例から―」2014年度組織学会研究発表大会(於 北海道大学)2014年6月
・「組織変革論におけるプロセスの検討―組織変革メカニズムの観点から―」日本経営学会第87回大会(於 関西学院大学)2013年9月
・「組織変革論における断続均衡モデルの課題」日本経営学会関東部会例会(於 慶應義塾大学)2012年10月

その他業績

<研究活動>
・早稲田大学産業経営研究所 招聘研究員(2014年度から)
・仲川直毅、須栗大、簗瀬洋一郎、古田成志、伊藤宏支『国産ブランド豚肉の現状と課題』(瑞浪市委託研究)2018年3月
<教育活動>
・山梨学院大学経営情報学部非常勤講師 経営管理論・マーケティング論担当(2014年度)
・中京学院大学附属中京高等学校 高大連携講座(2015年度~2017年度)
・中津高等学校 高大連携講座(2018年度から)
<社会貢献活動>
・瑞浪市行政改革審議会 会長(2017年度から)
・瑞浪市総合計画審議会 会長(2017年度から)
・瑞浪市図書館指定管理者選定委員会 委員長(2017年度)
・中津川市公立病院評価委員会 委員(2017年度から)
・岐阜新聞オピニオン執筆(2017年5月24日、4面)