グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ホーム  > 新着情報  > 女子陸上競技部が東海選手権・日本学生陸上対校選手権(日本インカレ)に出場いたしました。

女子陸上競技部が東海選手権・日本学生陸上対校選手権(日本インカレ)に出場いたしました。

女子陸上競技部が東海選手権・日本学生陸上対校選手権(日本インカレ)に出場いたしました。


8月22日(土)~23日(日)に松本市にて東海選手権大会、
9 月11日(金)~13日(日)に埼玉県熊谷市にて天皇賜杯 第84回日本学生対校陸上競技選手権大会(日本インカレ)が行われました。

8月22日(土) 東海選手権大会(松本市)
800m予選3組 吉田 由佳(健康栄養2年) 2分29秒17 7位 予選敗退

岐阜県選手権に出場し、上位8人に入った選手が出場できるこの大会。
岐阜県選手権では自己記録の2分20秒72で4位となった吉田だがこの大会では体調をうまく合わせられず、
タイム、順位ともに低調な結果に終わってしまった。
悔しさが残る結果だっただけに今後の大会での巻き返しを期待したい。

9月11日(金)~13日(日)日本学生陸上対校選手権大会(大阪市)
1500m予選1組 河西 いずみ(健康栄養2年) 5分01秒20 17位 予選敗退
3000mSC予選2組 近藤かすみ(健康栄養2年) 11分46秒58 13位 予選敗退

本大会は、学生陸上競技アスリートにとっての最高峰の大会であり、
日本学生陸上連合が設定する標準記録を突破した選手と地区インカレの優勝者のみに出場権が与えられる。
昨年度に引き続き、本年度も2名が出場した。
1日目河西が1500m予選1組目に出場、前半からハイペースになり、積極的な走りを見せたが力の差を見せつけられ、17位でゴール。
2日目、近藤は3000mSCに出場、スタートし集団に食らい付く走りを見せたが後半ペースが落ち13位でのゴール。

2人とも昨年に引き続き2回目の日本インカレ出場であったが、昨年より記録、順位ともに下回る結果に終わってしまった。
目指す大会に自分の体調のピークを持っていくのは難しいことだと思うが、どんな状況であれそこに合わせていけるタフさ、たくましさをを身に着けていってほしい。
また来年一人でも多くの選手が出場できるようチームの底上げを図っていきたい。
 
女子陸上競技部監督 濵野 健

日本インカレ1500M河西いづみ

日本インカレ3000MSC近藤かすみ