グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ホーム  > 新着情報  > 女子陸上競技部がホクレンディスタンスチャレンジで全日本インカレ出場権を獲得いたしました。

女子陸上競技部がホクレンディスタンスチャレンジで全日本インカレ出場権を獲得いたしました。

6月25日(水)・6月28日(土)に北海道深川市・士別市にてホクレンロングディスタンスチャレンジが行われ女子陸上競技部から2名出場いたしました。

この大会は6月末から7月初旬にかけて北海道の深川・士別・北見・網走の4つの地区にて行われるトラックレースで実業団・大学・高校のトップレベルが集まって競われます。

深川・士別の2レースに全日本インカレ標準記録突破と自己記録更新を目標に坂本弥佐都(健康栄養2年)河西いづみ(健康栄養1年)が出場いたしました。

25日の深川大会では河西が全日本インカレB標準記録(4分31秒00)まであと1秒33に迫る自己ベストの走り。坂本は遅れたが次戦につながる走りをしました。

28日の士別大会では河西いづみが9月に行われる全日本インカレ標準記録を突破し3位に入りました。坂本も深川大会よりも9秒タイムを縮め大学ベストの走りを見せました。


6月25日(水)深川大会1500m 河西 いづみ 4分32秒33 5位(自己ベスト)
                  
                坂本 弥佐都 4分45秒36 11位

6月28日(土)士別大会1500m河西 いづみ 4分30秒30 2位
                   (自己ベスト 全日本インカレB標準記録突破)
                  
                坂本 弥佐都 4分36秒57 6位