グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



安達学園の真剣味育成基本サイクル

ホーム  > 大学案内  > 安達学園の真剣味育成基本サイクル

安達学園の真剣味育成基本サイクルをご紹介します。


安達学園の真剣味育成基本サイクル

真剣味とは「自分と真剣に向き合う」と言う言葉に置き換えることができます。
人間は決して一人では生きていくことはできません。必ず誰かとつながりながら、その中で様々な経験を重ね成長していくものです。その成長に欠かせないのは、人とのつながりの中で自分の言動を振り返り、様々なことに気づき、次の行動へそれを生かしていくというサイクルであると本学園では考え、これを「真剣味サイクル」と呼んでいます。
この真剣味サイクルを生徒・学生一人ひとりが身に付け、今の瞬間を真剣に積み重ねていくことによって感動や意欲が生まれます。真剣味サイクルにはまず初めに、人とつながろうとする気持ちや姿勢が必要になります。すなわちコミュニケーション力です。
次に人とつながり、様々な事に挑戦し、最後までやり抜く力である行動力。
さらに、行動の中から様々な気付きを得、自分自身を見つめ振返る力、思考力が必要となります。
そして最後に、自分の力でコミュニケーションを取り、行動し、考えて行く力、セルフモチベーション力が必要になるのです。以上、コミュニケーション力、行動力、思考力、セルフモチベーション力が真剣味ある人の育成に必要な4つの力です。
したがって、安達学園の教育の最大の目的は、生徒・学生の4つの力を育み、「自ら考え、自らなすべきことを理解し、進んで行動できる」真剣味ある人の育成にあるのです。

安達学園で育成する4つの力 11の要素

4つの力11の要素
思考力リフレクション力広い視野を持ち、様々な情報を取捨選択することで社会や自分の現状を把握し、課題を発見する力
計画性課題を解決するために計画を立てる力
創造力新しい考え方や方法を作り出す力
行動力挑戦力考えや思いを確実に実行に移す力
貫徹力行動に移したことを最後までやり通す力
コミュニケーション力規律性ルールやマナー、約束を守る力
傾聴力他者の話に耳を傾け聴く力
表現力自分の考えや思いを正確に伝える力
フレンドシップ力他者を敬い、状況に応じて周囲と協力しようとする力
セルフモチベーション力主体性自ら進んで物事を行う力
まごころ力自分自身や人間の生きる意味の尊さに気付き、その実現に向けて行動する力

学校法人安達学園 公式サイト

学校法人安達学園のWebサイトでは、学園の沿革をはじめ、建学の精神やミッションをご覧いただけます。
また事業報告書などの情報公開も行っています。


学校法人安達学園Webサイト(別ウインドウで開きます)