グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



授業紹介


看護学部看護学科の特長的な学びをご紹介します。


看護援助技術I(生活援助技術)

看護実践に共通する基本的技術の概念を理解し、人間の基本的ニーズ充足に基づく日常生活行動への援助を、科学的根拠をふまえて展開する必要な知識と技術を学習します。

小児看護学実習

小児の発達段階を理解し、日常生活の看護法を学びます。また、健康上の問題が生じた場合の家族に与える影響を理解し、状況に応じた看護法を修得します。

母性看護学実習

妊娠、分娩、産褥、新生児の各期にある母児を身体的・精神的・社会的な側面から理解し、各期の特徴と対象のニーズに応じた看護を実践する能力を養います。

老年看護学実習

高齢者の特性をふまえ、健康レベルに応じた基本的な看護ケアの方法を学び、介護老人保健施設でのチームとしての看護職の位置づけや役割、専門性を理解します。