グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ホーム  > 学部・学科紹介  > 短期大学部  > 保育科  > 学びのポイント

学部・学科紹介

学びのポイント

1.ピアノ初心者でも安心な個人レッスン体制

ピアノ教育では、少人数クラスで個人の進度に合わせたきめ細かな指導体制で行っています。幼児教育の現場で必要な弾き歌いの技術習得を徹底サポートします。ピアノは全くの初心者という方でも大丈夫です。

2.大学敷地内に併設の幼稚園を設置

キャンパス内に併設幼稚園があり、1年次の秋にはこの園をはじめ教育実習を行います。同じ学園のスタッフでもある幼稚園の先生が親身になって、いろいろなことを教えてくれる点も特色のひとつです。密度の高い実習で実践力を身につけられます。

3.充実した学外実習サポート

本学科では2年間で5回の学外実習を予定しています。それぞれの実習時期に合わせて必要な事前事後指導を2年間通して行えるような支援体制を整えています。また、実習先選択の段階から、就職を意識して指導を行っています。その結果、実習先で就職内定を得る卒業生が多数います。

4.進路先を意識したカリキュラム

保育科に入学したからその進路は保育所・幼稚園だけではなく、個々の適性に応じた幅広い進路選択を可能にできるカリキュラムを整備しています。社会福祉系科目や社会人基礎力を身につけられる科目を設置し、社会福祉施設やキッズスポーツ等の進路への支援体制を整えています。

5.手厚い就職支援

1年次の段階から進路先を意識させ、社会人として必要なマナーから就職活動に必要な知識等を担任と学生支援部が協力して1年間指導を行います。2年次には、明確になった進路希望先に焦点を絞って、担任と学生支援部が情報交換しながら学生の進路希望実現へ支援します。

6.入学前導入教育

入学前導入教育とは、本学科に入学する前に「保育レポート」や「幼稚園での実習体験」を受けることで、短大での勉強に対する不安を解消したり、保育士を目指す皆さんの目的意識を一層高めようとするものです。現場で実際の仕事をしっかりと把握できるだけでなく、2年間をどのように学ぶべきかを教えてくれる貴重な時間となることでしょう。