グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ホーム  > 学部・学科紹介  > 短期大学部  > 健康栄養学科  > 先輩からのメッセージ

学部・学科紹介

先輩からのメッセージ

食育コース

「栄養士」国家資格と「教員資格」の取得を目指して。

健康栄養学科 竹口 希さん(岐阜県 中京高校出身)

私は、教員免許が取得できる「食育コース」を選択しています。このコースを選択した大きな理由は、「中学校教諭二種免許状(家庭)」と「栄養教諭二種免許状」が取得できるからです。「栄養士」という国家資格の他に「教員資格」が取得できることはとても魅力的でした。
「教職課程」を履修すると授業が多かったり実習がたくさんあるので、こなしていけるか心配でしたが、いざやってみると仲間が協力してくれたり、お互いに支え合いながらやっていけているので、そんなに心配することはなかったように思います。

食と健康コース

福祉施設の栄養士として、利用者さんの健康に役立ちたい。

健康栄養学科 阿部 新南さん(岐阜県 瑞浪高校出身)

高校の時から料理をつくることが好きだったので、迷わず食と健康コースに進みました。この大学でのさまざまな授業を通して、人間にとって食物がいかに重要なのかを知ることができました。健康で幸せな生活の中心にあるのが「食物」、そして栄養のバランスがとれた料理は自然とおいしくなることも…。
今まで単に料理をつくることが好きだったのですが、今は栄養のバランスや食感、色彩など、食べる時間をどうしたらもっと楽しんでもらえるのかなど、いろんなことを考えることができるようになりました。

食とスポーツコース

誰かの世話をするのが好き、そんな性格を仕事に結び付けたい。

健康栄養学科 大矢 麻衣さん(岐阜県 群上高校出身)

この大学の「食とスポーツコース」に興味を持って入学しました。高校では野球部のマネージャーをしていました。用具の用意をしたり、テーピングをしてあげたり、誰かのお世話をするのが好きなんです。
そんな性格を仕事につなげていくことができればと思い、このコースでプロトレーナー資格の取得をめざしています。
毎日、好きなことを学ぶことができるので、楽しいです。将来はスポーツインストラクターとして、子どもたちに水泳の技術を教えるだけでなく、栄養指導などもできればと思っています。