グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



地域貢献人材育成 公開講座のご案内

ホーム  > 地域貢献・公開講座  > 公開講座のご案内  > 地域貢献人材育成 公開講座のご案内


公開講座のご案内

ぜひ、ご参加ください!

地域を活性化しようと各方面で活躍されている11名の講師の方々から、先進的な事例を伺い、その考え方、方法を学んでいきます。ご希望の講座を選び、公開講座事務局までお申込みください。

※4/25追記
瑞浪駅前安達学園ビルで実施する予定だった講座の会場が変更になりました。
(旧)瑞浪駅前安達学園ビル
(新)中京学院大学 瑞浪キャンパス(7月21日だけ瑞浪商工会議所)

※すでに参加申込みをいただいている方は場所を間違えないようにご注意ください。


お申し込みについて

参加対象どなたでもご参加いただけます。
参加費無料
お申し込み締切各講座、開催日の前月の月末までにお申し込みください
例えば、4月12日に開催される講座の場合は、3月末日(3月31日)までにお申し込みください。
備考・特に参加証などは発行しませんので、当日開始時間までにお越しください。
・お車でご参加は、
1.中京学院大学 瑞浪キャンパス会場
  キャンパス内の駐車場をご利用いただけます。
2.瑞浪商工会議所会場
  近隣の駐車場をご利用ください。
3.中津川にぎわいプラザ会場
  近隣の駐車場をご利用ください。

お申し込み方法

1.ファックスによる申し込み
以下のリンクから「ファックス送信票」をダウンロードして印刷。
必要事項をご記入のうえ、中京学院大学 瑞浪キャンパス総務部公開講座事務局までご送信ください。

ファックス番号:0572-68-4568
2.申し込みフォームからの申し込み
以下のリンクをクリックしていただくと別ウィンドウで申込みフォームが表示されます。
表示されたフォームに必要事項をご記入いただき、お申し込みください。

申込みフォームを表示するには、「ここ」をクリックしてください。
https://business.form-mailer.jp/fms/3f2cc1c782558

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。
パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。


お問い合わせ窓口

担当窓口中京学院大学 瑞浪キャンパス 総務部 公開講座事務局
電話0572-68-4555
ファックス0572-68-4568
メールアドレスsoumu@chukyogkauin-u.ac.jp

講座紹介

講座01:「五街道ウォーク」と共に継ぐまちづくり

講座内容「五街道ウォーク」という企画を基に、地域(他者)に貢献する為に必要な能力(組織力)について整理し、その力を向上させる為に自分が準備すべきことを聴講者と共に考えていきたいと思います。
講義形式で話題提供した後に、後半のコマでグループワークに取り組みます。
開催日時4月14日(土)
前半1 3 : 0 0 ~ 1 4 : 3 0
後半1 4 : 4 5 ~ 1 6 : 1 5
会場中津川にぎわいプラザ2F
講師文京学院大学 保健医療技術学部 臨床検査学科 准教授
関 貴行
講師紹介2008年3月 東京医科歯科大学大学院保健衛生研究科 博士(後期)課程修了(保健学博士)
2015年4月 文京学院大学保健医療技術学部臨床検査学科 准教授

 

講座02:小里川ダムを活用した地域活性化

講座内容小里川ダムは瑞浪市と恵那市の境にある「地域に開かれたダム」です。隣接する道の駅「おばあちゃん市山岡」には年間50万人、小里川ダムには年間2万人が訪れます。小里川ダムと全国の事例について学び、ダムを活用した地域活性化について一緒に取り組みませんか。
開催日時5月12日(土)
1 3 : 0 0 ~ 1 4 : 3 0
会場中京学院大学 瑞浪キャンパス (4/25修正)
講師国土交通省庄内川河川事務所 小里川ダム管理支所 管理第一係長
小池 進
講師内容2009年4月 国土交通省に採用
2017年4月より小里川ダム管理支所管理第一係長として、小里川ダムの管理とダムを活用した企画立案に携わる。
・インフラツーリズム(民間観光ツアー)の受け入れ
・ライトアップなどイベントの開催等

 

講座03:まちづくりマネージメント

講座内容まちづくり活動やイベントを行う際に必要になる企画立案とプロジェクトマネジメントについて、実例からわかりやすく解説します。その後実際のプロジェクト立ち上げを想定し、立案からプロジェクト完了までのシミュレーションワークを行います。企画者としての心得、マネジメントの在り方、アイデアを形にする方法を学びます。
開催日時6月9日(土)
前半1 3 : 0 0 ~ 1 4 : 3 0
後半1 4 : 4 5 ~ 1 6 : 1 5
会場中京学院大学 瑞浪キャンパス (4/25修正)
講師合同会社プロトビ 代表
玉川幸枝
講師内容東京のベンチャー企業等で修行。2014年合同会社プロトビを設立し、タイルブランド「TILEmade」を立ち上げる。「みずなみオープンファクトリー」などを始め、地元の活性化をサポートするプロジェクトも行う。

講座04:「無いものは自分でつくる!」

講座内容一市民として「住みやすい、子育てしやすいまち」を考え、行政・専門知識者とともに、どのようにまちづくりに関わってきたのかを少年サッカーチーム設立および「すずめっこ学童クラブ」の立ち上げ、そして「ママカフェmimi」、「せいわ保育園」の運営を成し遂げた実話から紹介します。
開催日時6月23日(土)
1 3 : 0 0 ~ 1 4 : 3 0
会場中京学院大学 瑞浪キャンパス (4/25修正)
講師一般社団法人 せいわグループ 代表理事
肥田秀子
講師内容1983年3月 中京短期大学保育科卒業
1990年4月 瑞浪スパローズ設立
2002年4月 瑞浪小学校にすずめっこ学童クラブ設立
2012年4月 千寿の里愛保育園開園
2017年3月 みずなみママカフェmimi開店
2017年4月 せいわ保育園設立

 

講座05:田舎につくる「手」集合「オオクテツクルテ」

講座内容瑞浪市立旧大湫小学校廃校を機に行われた「廃校プロジェクト」参加から始まった、これまでの「オオクテツクルテ」の流れと試みの内容、大湫町との関わりや反応などをパワーポイントで紹介します。
開催日時7月7日(土)
1 3 : 0 0 ~ 1 4 : 3 0
会場中京学院大学 瑞浪キャンパス ※4/25変更
講師山歩工房
秋山仁恵
講師内容2000年 岐阜県立多治見工業高校デザイン科卒業
2008年 岐阜県立多治見工業高校専攻科修了
2015年 大湫町へ移住 第1回オオクテツクルテ開催
看護師と陶芸家の二足のわらじを履いて、まちづくりに奮闘。

 

講座06:学生が立ちあげた「にっぽんど真ん中祭り」

講座内容夏の東海地方を代表する「にっぽんど真ん中祭り」。大学生で興したこの祭りがどのように行政・企業・メディアを動かし、現在に至ったのか。その感動と苦労を「祭りとコミュニティ」を主題に学びます。
開催日時7月21日(土)
前半1 3 : 0 0 ~ 1 4 : 3 0
後半1 4 : 4 5 ~ 1 6 : 1 5
会場瑞浪商工会議所 (4/25修正)
講師公益財団法人 にっぽんど真ん中祭り文化財団 専務理事
水野孝一
講師内容中京高校卒業
中京大学商学部卒業
大学在学中の1999年、「にっぽんど真ん中祭り」を企画・開催。2007年、祭り主催組織としては日本初となる「財団法人化」を実現。2017年の第19回祭りでは国内外2万人以上の参加者と約220万人の来場者を記録。現在名古屋大学大学院経済学研究科 在学中。

講座07:「ひなたぼっこの森」老若男女の集う森

講座内容看護師・経営者側の立場から、これからの未来、何がこの地域で必要になってくるのか?看護師経験30年、そして経営者歴14年の経験を踏まえて、どういった人材が必要なのか、地域貢献できる人間力について学びます。
開催日時11月10日(土)
前半1 3 : 0 0 ~ 1 4 : 3 0
後半1 4 : 4 5 ~ 1 6 : 1 5
会場中京学院大学 瑞浪キャンパス (4/25修正)
講師有限会社ひなたぼっこ さと 代表取締役
上原理恵
講師内容
1989年3月 岐阜県立看護学校卒業(看護師国家資格取得)
2004年9月 ㈲ひなたぼっこ さと設立
      デイサービスひなたぼっこ さと開所。その後、 あい、げんき村、ゆう、スマイルハウス等開所。
2015年4月 ひなたぼっこ保育園開園。
現在、高齢者・障がい児を含む、ひなたぼっこの森建設に向けて活動中。

講座08:全国のおかみさん・バサラ瑞浪

講座内容長きにわたる地元のお祭りもマンネリ化は否めず、祭りを変革することでまちづくりの活性化を図るため、鳴子踊りを「美濃源氏七夕まつり」に導入した成果と今後の問題点を提起します。今後あるべき商店街の未来像についても考えていきます。
開催日時11月24日(土)
1 3 : 0 0 ~ 1 4 : 3 0
会場中京学院大学 瑞浪キャンパス (4/25修正)
講師バサラ瑞浪普及振興会 運営専務
永冶高三
講師内容1997年、瑞浪美濃源氏七夕まつり活性化のため、札幌の
YOSAKOIソーラン祭りを視察し、よさこい鳴子踊りを導入。翌年、東海初の市民チームバサラ瑞浪を結成、今に至る。夏の七夕まつりと冬のバサラカーニバルには、全国から多数の観客・踊り子が参加し、鳴子のご縁を広げ
ている。

講座09:らせる編集者の転職が天職へ

講座内容これまで私が歩んできた人生について話しながら、保育科を卒業し、保育士として働いていた私が、何故地元の生活情報誌の編集者になったか、その経緯を伝えます。生活情報誌の編集者としての自分の経験を踏まえ、天職と出会える重要性について話します。
開催日時12月8日(土)
前半1 3 : 0 0 ~ 1 4 : 3 0
後半1 4 : 4 5 ~ 1 6 : 1 5
会場中京学院大学 瑞浪キャンパス (4/25修正)
講師株式会社中広 前らせる編集 室長
Oina 編集室長
松下 忍
講師内容2002年3月 中京短期大学保育科卒業
2009年11月 (株)中広 入社
2013年10月 土岐・瑞浪地域みっちゃく生活情報誌
      「らせる」の編集室長に就任
2017年9月 長野県の新部署に転属
現在Oina編集室長

講座10:予想以上の人気「ちこり村」!?

講座内容多くのコンサルタントの反対をおして、オープンした「ちこり村」。当初は1日の来場者数5名程度でしたが、その後右肩上がりで成長させ、今では年間30万人の来場者を超えるちこり村になりました。どのようにしてこのような状況を作ってきたのか、地域資源を使った人と地域活性化の進め方について伝えます。
開催日時12月22日(土)
1 3 : 0 0 ~ 1 4 : 3 0
会場中津川にぎわいプラザ2F
講師株式会社サラダコスモ
ちこり村 支配人
宮川真一
講師内容中央大学理工学部物理学科卒業
㈱サラダコスモ入社
新商品ブロッコリースプラウト開発
関西もやし生産施設の設計、建設、立ち上げを行う。

講座11:加子母村に魅せられた若者

講座内容自分自身の体験談を紹介しながら、新しいことを考えるのではなく、既にあることを再評価していくことの重要性を伝えます。例えば、地元の資源の再編集から良さを考えること。又は、それぞれが持っているスキル・知識等を組み合わせて、グループとして何ができるかを考えます。
開催日時1月12日(土)
前半1 3 : 0 0 ~ 1 4 : 3 0
後半1 4 : 4 5 ~ 1 6 : 1 5
会場中津川にぎわいプラザ2F
講師株式会社 辰喜建築工芸
佐野智哉
講師内容2016年 名古屋工業大学大学院工学研究科社会工学専攻修了
学部4年次に藤岡伸子研究室の一員として加子母を訪問。卒業研究、卒業設計を通じて加子母のフィールドワークを実施し各種地域行事に参加。大学院1年次に名古屋から加子母に居住地を移転。大学院修了後、地域内の工務店
に入社し、現在に至る。

会場のご案内

中京学院大学 瑞浪キャンパス


瑞浪商工会議所


中津川にぎわいプラザ