グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



地域資源を活用した地域ブランドの育成

ホーム  > 地域貢献・公開講座  > 域学連携推進室  > 活動内容  > 地域資源を活用した地域ブランドの育成

道の駅と連携した商品開発


昨年度は「道の駅 賤母」で販売する「飛騨牛の朴葉寿司」を「道の駅賤母」と本学と中津川市との域学連携授業として行いました。本学の健康栄養学科田中ゼミの学生が食品開発に携わり、経営学部の学生がネーミングとパッケージングの提案を行いました。本年度は、中津川の名産の一つである「坂下の蕎麦」を使った商品開発を行う予定です。その際に、そばの種蒔きと収穫を坂下高校の高校生と田中ゼミの学生、市役所の市民協働課の方、農家の方、「道の駅 きりら坂下」の方とともに行わせて頂き、開発した商品は「道の駅 きりら坂下」にて販売予定です。メールでのお問い合わせはこちらまで