グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ホーム  > 就職・キャリア支援  > 看護学部看護学科  > キャリア・就職支援内容

就職・キャリア支援

キャリア・就職支援内容

学生一人ひとりが個性や適性に応じて自ら選択でき、納得のできる進路が得られるように、各学生の担当アドバイザー教員を中心に全学的なバックアップ体制をとっています。
アドバイザー教員のほか、キャリア・進路委員会、学生支援部キャリア・進路担当職員が学生からの相談の対応などお互いに連携を取りながらきめ細かなサポートを行います。
その一環として、1年次からキャリアガイダンスを実施します。

第1回キャリアガイダンス(1年次)

自己分析・目標の設定、情報の収集、病院見学会や説明会への参加、応募書類の作成・提出などを中心に、4年間で自身が目指す目標に向かってどのような学生生活を送るのか考えることができるガイダンスを実施します。

第2回キャリアガイダンス(2年次)

キャリアプランニング、病院など施設の情報収集、就職活動のマナー、公務員試験対策などを中心に、自分の看護観を深めながら進路に関する情報収集を行い3,4年次の進路決定につながるガイダンスを実施します。

第3回キャリアガイダンス(3年次)

保健師・看護師の採用状況、採用試験内容と試験対策、公務員試験、助産師・大学院への進学などについて具体的に就職活動を開始できるガイダンスを実施します。

第4回キャリアガイダンス(4年次)

就職活動の諸注意(情報の種類と取り扱い、資料請求の書き方、礼状の書き方、敬語の使い方、電話のマナー、履歴書の書き方など)および就職活動の実践(施設訪問・就職説明会のチェックポイント、必要書類、小論文モデルテーマ、面接試験など)について理解し、就職活動を主体的に行動できるガイダンスを実施します。