グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



歴史・成り立ち

ホーム  > キャンパスライフ  > クラブ活動  > 男子卓球部  > 歴史・成り立ち

男子卓球部の成り立ちと歴史のご紹介です。


沿革

内容
1998年
(平成10年)
4月卓球部(男子)創部
初代監督に遠藤隆侑就任
2000年
(平成12年)
5月春季リーグ戦で4部優勝、3部に昇格
2001年
(平成13年)
5月春季リーグ戦で3部優勝、2部に昇格
9月秋季リーグ戦で2部優勝、1部に昇格
10月全日本大学総合卓球選手権大会(個人の部) 男子シングルス ランキング12位(范勇)
2002年
(平成14年)
8月全日本大学総合卓球選手権大会(団体の部) 初出場
10月全日本大学総合卓球選手権大会(個人の部) 男子シングルス ランキング11位(范勇)
2003年
(平成15年)
8月全日本大学総合卓球選手権大会(団体の部) 出場
2004年
(平成16年)
6月東海学生卓球選手権大会 男子シングルス優勝(范勇)
8月全日本大学総合卓球選手権大会(団体の部) ベスト16(初)
2005年
(平成17年)
4月第2代監督に河邊孝彦就任
8月全日本大学総合卓球選手権大会(団体の部) 出場
2006年
(平成18年)
8月全日本大学総合卓球選手権大会(団体の部) 出場
2007年
(平成19年)
5月東海学生卓球選手権大会 男子ダブルス優勝(中野了輔・山崎貴司組)
8月全日本大学総合卓球選手権大会(団体の部) ベスト16(2回目)
2008年
(平成20年)
8月全日本大学総合卓球選手権大会(団体の部) 出場
2009年
(平成21年)
8月全日本大学総合卓球選手権大会(団体の部) 出場
日本・韓国大学生卓球交流戦に日本選手団(東海学連選抜)として小林優樹が出場
2010年
(平成22年)
8月全日本大学総合卓球選手権大会(団体の部) 出場
12月名誉会長杯争奪東海学生卓球大会 男子初優勝
2011年
(平成23年)
7月全日本大学総合卓球選手権大会(団体の部) 出場
2012年
(平成24年)
7月全日本大学総合卓球選手権大会(団体の部) 出場
2013年
(平成25年)
4月第3代監督に青山泰久就任
6月全日本大学総合卓球選手権大会(団体の部) 出場
2014年
(平成26年)
6月全日本大学総合卓球選手権大会(団体の部) 出場
2015年
(平成27年)
7月全日本大学総合卓球選手権大会(団体の部) 出場
2016年
(平成28年)
5月東海学生卓球春季リーグ戦新人賞創部初獲得(吉野彪功)
7月全日本大学総合卓球選手権大会(団体の部) 出場
8月日本・韓国大学生卓球交流戦に日本選手団(日学連代表)として吉野彪功が出場
12月名誉会長杯争奪東海学生卓球大会 優勝(2回目)
2017年
(平成29年)
7月全日本大学総合卓球選手権大会(団体の部) ベスト16(3回目)
12月名誉会長杯争奪東海学生卓球大会 優勝(3回目)
2018年
(平成30年)
7月全日本大学総合卓球選手権大会(団体の部) ベスト16(4回目)
12月名誉会長杯争奪東海学生卓球大会 優勝(4回目)
2019年
(令和元年)
7月全日本大学総合卓球選手権大会(団体の部) 出場