グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ホーム  > CGU-b ~中京学院大学′S ブログ~  > 授業で高齢者疑似体験!【健康栄養学科】

CGU-b ~中京学院大学′S ブログ~

授業で高齢者疑似体験!【健康栄養学科】


2年次に開講されている「高齢者の調理理論と実習」という授業で、高齢者疑似体験を行いました。
バリアフリーの施されていない場所を車椅子で実際に移動したり、疑似体験装具(ヘッドホーンや特殊眼鏡、手足の重りなど)を装着して、日常生活動作を擬似的に体験することにより、加齢による身体的な変化(筋力、視力、聴力などの低下)を知り、高齢者の気持ちや介護方法、高齢者とのコミュニケーションの取り方を体験的に学びました。
車椅子で高い段差を降りる際、乗っている学生は「怖いー!」と叫んでいました。また、疑似体験装具を着けて、黒い器に入れたコーヒーゼリーを食べる際は「見えない!手が動かない!食べにくい!」と言っていました。このように、実際に体験することによって気付くことがたくさんあり、有意義な疑似体験となりました。

健康栄養学科 山根 沙季

電話ボックスには狭くて入れません

怖いよー!!

階段は4人がかりで

段差の上り方にもコツがあります

装具装着☆

コーヒーゼリーが食べにくいよ