グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ホーム  > CGU-b ~中京学院大学′S ブログ~  > 今年もマコモの定植作業に行きました!【 健康栄養学科 】

CGU-b ~中京学院大学′S ブログ~

今年もマコモの定植作業に行きました!【 健康栄養学科 】


マコモを植えてます!

瑞浪市が「マコモを市の特産品に!」と試みられてから早10年が経ちました。
思い起こせば10年前は「マコモ」の存在もほとんど知られていなかったのですが、今は子どもたちも含め、知られるようになってきました。

健康栄養学科では10年前に瑞浪市とマコモに関する提携を結び、その保存方法や新たなレシピ開発を目指し、今日までやってきました。
昨年度は瑞浪市で「全国マコモサミット in 瑞浪 2014」が開催され、当時2年生だった田中ゼミの学生たちも文化センターの大ホールにて1人ずつ発表させて頂きました。
    
あれから1年・・・
今年もまた、「マコモ」を植える季節がやってきました。平成27年5月13日(水)、
学生たちはバスに乗って釜戸町平山地区の圃場へ到着するまで、まるで遠足気分で過ごしていました。圃場には既に瑞浪市役所農林課の方々やJAの皆様、そしてマコモ生産出荷組合の皆様が既に待機しておられ、皆様方と一緒に田んぼにマコモの苗を植えました。田んぼの中に裸足で入り、「うわぁ~田んぼの土って気持ち悪い!」とか「苗が折れちゃうからもっと根元を持たないとだめだよ!」等々、作業中も楽しそうな声やご指導を頂く声があちらこちらで聞こえていました。お昼にはお弁当をみんなで美味しく食べました。その後、午後からの作業を開始しましたが、みんな午前中よりも慣れた手つきで作業をしていました。秋の収穫が今から楽しみです。
                                   
健康栄養学科 田中 恵子

みんな一生懸命!

お弁当が美味しいー♪

ソリで運びまーす☆

楽しいな!