グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ホーム  > CGU-b ~中京学院大学′S ブログ~  > 即席劇に挑戦!   ~保育実践演習の授業紹介~

CGU-b ~中京学院大学′S ブログ~

即席劇に挑戦!
  ~保育実践演習の授業紹介~

「3びきのこぶた」を熱演中!

先日の授業では、「即席劇」をおこないました。

保育園や幼稚園の先生は、園の行事などのときに、“先生の出し物”として劇、ペープサート、歌、合奏、手品などの発表をすることがあります。

しかし、いろいろな業務があって現場は忙しく、その出し物の準備や練習をする時間はなかなかありません。

そこで・・・

出し物の一つである「劇」を“いかに早く作り上げるか”ということに取り組みました。

2つのグループに分かれて「3びきのこぶた」と「ももたろう」の劇をすることに決定したところからスタート!

アドリブをきかせ、ストーリーの流れやポイントを考慮しながら悪戦苦闘しましたが・・・

配役決め、お面作り、打ち合わせ、練習、発表まで含めて、どちらのグループも25分以内に仕上げることができました。

発表では、それぞれの個性が溢れ、魅力的な演技が光りました。すばらしかった!!

今回の授業では、「瞬時の判断と対応力」、「他人任せではない自発的な行動力」を養うことができたのではないでしょうか。
                   保育科    栗岡