グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ホーム  > CGU-b ~中京学院大学′S ブログ~  > マコモの商品開発を目指して・・・ 「ちこり村の工場見学」 【 健康栄養学科 】

CGU-b ~中京学院大学′S ブログ~

マコモの商品開発を目指して・・・
「ちこり村の工場見学」
【 健康栄養学科 】

「ちこり村」の工場見学に行ってきました!楽しかったよ!

11月14日(木)、瑞浪市から車で約30分の所にある中津川市の「ちこり村」へ工場見学と商品開発のノウハウを教えてもらうために田中ゼミの学生が行かせて頂きました。

瑞浪市では「まこもたけ」と呼ばれるイネ科の植物の栽培に力を入れており、田中ゼミの学生たちも「まこもたけ」を使った商品開発を検討し、試作を行っています。

ちこりの商品開発の実情等々・・なるほど、なるほど・・。

ただ、商品開発の考え方や商品として販売するまでのプロセス等々、アイデアはあるものの、そのノウハウが分からないままに行っているため、その点を「株式会社サラダコスモ」さんが経営していらっしゃる「ちこり村」へお邪魔して教えて頂きました。

短時間での講習会となりましたが、とても熱心に私たちのために商品開発についてのノウハウを教えて下さいました。学生たちも関心を持ったようで熱心にメモを取っていました。
またその後は工場見学もさせて頂き、暗い中で育つ「ちこりの製造過程」を見せて頂きながら「ちこりって種から
出来るんだね!形はなんか白菜みたい・・」と話していました。

帰りには「ちこり」を使った商品を買う姿もあり、「ちこり」からさまざまな商品が出来ていることを学び、
「まこもたけ」についてのアイデアも膨らませているようでした。

健康栄養学科  田中 恵子

これが暗闇で育つ「ちこり」です・・・。ん?白菜??

工場内での作業を見学させて頂いていまぁ~す!